飛行機輪行

飛行機輪行について「どうやって運ぶ」に関心のある人が増えてきたようです。

全てに答えられるわけではありませんが、利用している者として知っている範囲で書きます。

基本は国内線、国際線にかかわらず「乗る前に聞け」、「チケット買う前に聞け」。聞く相手はもちろん搭乗予定の航空会社。
聞く時には「搭乗区間=どこからどこまで乗るのか」に加え次の点
・分解した自転車をケースまたはバッグ梱包、預け荷物にしたい→可、不可?
・サイズ、重さの制限
・有料、無料?
・事前の連絡が必要か否か?

以前、OKだった航空会社も規約を変更したりするので、改めて確認した方が良い。

自分は基本的に無料(あるいは低額)で預けられる航空会社しか使いません。

利用したことのある航空会社(太字)、確認できたので利用しようと思う航空会社
【国内線】全日空SFJ(確か定額)、JETSTAR
【国際線】アエロフロートエールフランスSCOOTチャイナエアラインEVAAIRJETSTAR、バニラエア*、復興航空
*203cm超える場合国内1000円/国際線1200円追加

自転車やスポーツ用品に関して特に例外扱いをせず、大きさと重量が範囲内であればOKとしている航空会社も少なくありません。

重さは20kg〜23kgとしているところが多く、たいていは1個まで無料。JALのように2個まで無料という会社もあります。
ロードバイクならシューズや工具を入れても重さ制限はクリアできるでしょう。

預け荷物の大きさ(3辺の和)制限は、203cmと158cmのほぼ2タイプのいずれかです。203cmであれば別ブログでも書いたプラダン輪行ボックスで前後輪、ハンドル、RD、ペダル、シートポストを外せば充分可能です。【203cm=JAL、キャセイパシフィック、全日空(自転車はスポーツ品扱いで203cmまでOK)など】

158cmではロードバイクは難しいですね。私なら諦めて他の航空会社にします。
【158cm=ユナイテッド、デルタなど】

あと、重量に関してはチェックインするときに計測されますが、23kgまでという場合は23.9kgまではOKです。全ての場合で言い切れませんが、カウンターでほぼ毎回尋ねたことがありますが、24kg未満であれば大丈夫と言われました。
ベルト式 吊り下げデジタルスケール☆電子はかり計量器【10g~50kg】
などを持っていくと安心です。

私の場合:
・チケット買う前に預け荷物としての自転車の扱いをチェック
・大きさ制限の無い航空会社、自転車無料(追加料金無し)で預けられる航空会社を選んでチケットを買う
・飛行機輪行用のバッグに入れる、あるいはプラダン輪行ボックスに入れる
・制限が重量のみの場合、ホイールはホイールバッグに入れ別に預ける(預け荷物は2個になる)こともある。箱の大きさによってはフレームと一緒に入れると養生するのが面倒だったり。
・チェーン(ミッシングリンク)は外してカットしたペットボトルに入れる、RD外すにも便利、他のものが汚れにくい、外した後のチェーンリングには雑巾を巻いておく
・RDも外して縦割りにカットしたペットボトルに入れフレームに固定
・ペダル、シートポストも外す
・フレームは中で動かないようにダンボールやプラダンできちんと作った緩衝材を入れる(こういう一手間が大事)
・シューズ、工具、ヘルメットは箱の中に入れる、重いものは中で暴れないようにする(フレームに縛り付けるなど)
・個人的な希望としては大きさに制限が無い場合、ハンドルを外さないで箱に入れたい(RD、ペダル、ホイール、チェーン、シートポストは外しても付けるのはそれほど大変ではない)

・国内線は扱いも丁寧だったりするので電車用輪行バッグ+ホイールバッグの場合も少なくありません

【最終更新日】2013.12.6

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中